グリーンスムージー 保存

グリーンスムージーの保存がおすすめされない理由

グリーンスムージーを作った後に、保存しながら飲まれる方もいますが、これはあまりおすすめされていません。

 

保存によって変化する味わい

まず、おすすめされていない理由として、保存していく中で味が変化してしまいますので、美味しく飲むことが難しくなるのです。
野菜や果物成分は、新鮮な状態で摂取することで、食材の持っている味を感じることができるのですが、時間が経過することにより生臭さや青臭さが前面に出てきたり、粘り気が強くなってしまうのです。

 

ダイエットに活用するときには、美味しく飲むことも重要になってきますので、味にこだわりたい方は新鮮な状態で飲むようにしましょう。

 

保存によって劣化する栄養成分が体に与える影響

また、グリーンスムージーを作ってから保存しておくことで、成分が酸化しやすくなってしまいます。

 

果物を切ってしばらくおいておくと色が変色しますが、あれと同じ状況がスムージーにも起きてしまうわけですね。

 

せっかく健康のためにグリーンスムージーを飲むなら新鮮で原料の良さをしっかりと感じられる状態で飲むのが望ましいです。

 


page top